お部屋の消臭剤について

特に匂いが気になる場所

2018年03月16日 11時10分

家の中で特に臭いが気になるのはどこかというと、やはり代表的なところで玄関付近、トイレ、台所などではないでしょうか。
いる時間も長いリビングは比較的、手入れしやすいですし台所もトイレも清掃をしたりと何かと気を遣う場所です。
ですが、結構忘れがちなのが玄関まわり。靴を置いておく場所ということで、靴の臭いが充満しやすくなにかと臭いが気になる空間といえます。
靴も履けば毎日洗うようなものでもなく、めったに洗わない人も多いでしょう。衣服のように手入れをすることも稀なことといえます。
また皮や合皮などの素材の靴ですと尚のこと、専門店に持っていかないとどうやって洗えばいいか見当もつかないことも多いのではないでしょうか。
バクテリアの繁殖などでどうしても臭いがでてしまうことがありますので、靴箱にしまって消臭剤と置いておく、できるだけ玄関先には靴を置いておかないなどの対策が必要となるでしょう。
他にもエアコンの臭い、特に夏場などはエアコンフル稼働のところも多いでしょう。
リビングで特に使用されやすいものなので、エアコンから臭うとたまったものではありません。そしてリビングでもし食事される場合、食べこぼしなども落ちていることが多いのでそれが臭いの原因になることもあります。
カーペットにその臭いが染み付いてしまうなんてこともありますので、できるだけしっかり消臭の手入れはしておきたいものです。
夏場の食べ物の腐敗臭はもちろんですが、実は布が多いところほど臭う傾向があります。
靴、カーテン、カーペット、ソファ、ベッドなど、布は臭いを吸収するので、蓄積した臭いがなんともいえない異臭になり、気になる場合もあります。
他にも排水溝、トイレ、浴室などの水周りもカビの発生などで臭うことも。とはいえこれだけ臭いの原因があると、全てを掃除するとなると大掛かりな清掃になります。丸一日精一杯掃除して、ようやく完了するか日をまたぐかの重労働です。そんな大変な臭い対策の為にあるのが消臭剤、こうして臭いの原因の箇所が分かっていると適切な使い分けや、置き場所も判断しやすくなりますので、よりお部屋の臭いが軽減されます!
キレイに部屋を掃除していても目に見えないところから臭いが発生することは多々あります。
心当たりのある箇所に消臭剤を使うことで、ストレスになりがちな臭いも負担なく消していけます、要所をしっかり押さえて消臭剤を使用し、快適な空間を作ってください。